アイデア発想法、アイデア発想用ツールの紹介

KJ法

トップ > アイデア発想法 > KJ法

KJ法

KJ法とは

KJ法とは、川喜多二郎氏によって1965年に開発されたアイデア発想法です。

ネパールへ訪問したさいに、A6のカードに記録をしていたのですが、

大きすぎて整理しずらいために小さいカードに書きました。

そのカードを並べて、分類整理をしていったときに生まれたのがこのKJ法です。

方法

1.テーマに関するアイデアをカードに書き出す。

書いたモノは机などの広げられるところに並べる。

2.書いたカードの中で、似たものを集めてタイトルをつける。

似たものを同士を集めたら、そのグループごとにタイトルをつける。

3.さらに似たものを集めて、タイトルをつける。

2で集めたグループをさらにまとめタイトルをつける。
10グループ以内になるようにまとめる。

4.3でまとめたものを紙の上で分類する。

紙の上にそれぞれのカードを置き、グループごとに線で囲む。

また関連のあるグループは線を結ぶなどして関連性がわかるようにする。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional