アイデア発想法、アイデア発想用ツールの紹介

賢人会議

トップ >アイデア発想のヒント > 賢人会議

賢人会議

賢人会議

脳の中で、賢人と会議をしているイメージする方法です。
自分からの視点からでは、なかなかイメージできなかった発想を
賢人からのの視点により発想することができます。


ステップ

1.自分が尊敬する賢人を数人イメージします。

 
亡人でも、ご健在の方でもかまいません。

会ったことのない偉人でもかまいませんし、身近な方でももちろんかいません。

この方に聞けば、なんでも解決してもらえそうなスーパーマンでも結構ですし、
問題のテーマの解決に沿った方を呼んでもかまいません。

ただし、アドバイスをもらったら素直に意見を聞きたいと思う方を設定しましょう。

例えば、問題がダイエットをして体重を減らしたいというものだったとします。

頭がよく尊敬できる方だとしても、その方が太った方だったら、どうでしょうか?

「食べ物を食べることで、いい気分転換ができる。だから、無理して痩せる必要はない。」
「今後ますます、医学が発達するので、そのままでいいんじゃないの。」

なんていうアドバイスをされるかもしれません。

それでは、なかなか行動にはつながりませんよね。

ですから、そのまんまこの方になりたいと思うような方であったり、
その分野では、ぜひとも真似をしてみたいと思えるような方を選ぶようにしましょう。


2.賢人の画像や動画、プロフィールなどを収集する。

賢人をできる限りリアルにイメージできるように、
賢人の名前で、検索をします。

画像や動画などビジュアルのデータを使って、
できるだけ鮮明にイメージできるようにします。

身近な方の場合は、このステップは飛ばしていただいても構いません。


3.賢人と一緒のテーブルに座っている姿をイメージします。

賢人と話をできる状態になっていることをイメージします。
このとき、逆腹式呼吸などをして、できるだけリラックスした状態にします。


4.課題について、賢人に1人ずつ質問をしていきます。

「どうすれば◯◯することができるでしょうか?」

と賢人一人ひとりに質問していきます。
賢人の立場から見た回答をしてくれます。


5.賢人からもらった回答をメモします。

このとき、マインドマップなどを使うのも効果的です。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional